神前式での結婚式

神前式、どこで挙げる?

日本古来の、伝統的な挙式スタイルである「神前式」。おもに結婚する二人によって行われる様々な儀式を通して、二人のきずなを深めることはもちろん、家と家とを結びつけるスタイルのお式です。この神前式を挙げる場所といえば、まず思いつくのが神社ですね。地元の縁ある神社や、憧れの神社があるという方もいらっしゃることと思います。厳かな雰囲気の中花嫁行列をすることは、一生の思い出になります。また、ホテルや結婚式場の中にある館内神殿という選択肢もあります。この場合披露宴会場への移動の負担や天候に左右される心配がないなどのメリットがあります。また庭園がある公共施設などでも神前式ができる場合がありますので、確認してみましょう。

神前式での花嫁の衣装は?

キリスト教式での花嫁の衣装は「ウエディングドレス」が一般的ですが、神前式では「白無垢」や「色打掛」、または「黒引き振袖」などが一般的です。一番目にすることが多い白無垢は、結婚式でしか着ることのできない純白の着物です。花嫁の純粋さや気品を高め、凛とした厳かな雰囲気を演出できます。色打掛は、お色直しの二着目で着る方も多い着物ですが、たくさんの色や柄があしらわれており、とても華やかになります。最後に黒引き振袖ですが、その名の通り黒地の着物で、裾を引きずるつくりになっています。自然の多い神社の中で、黒は非常に映えると言われています。また白に比べて、大人っぽい印象を与えることができます。単に着物と言っても様々な柄や素材があります。お気に入りの一着を着て、神前式を挙げましょう。