教会式での結婚式

教会式の特徴や流れについて

キリスト教式とも呼ばれる教会式は、キリスト教のしきたりに沿った神聖な挙式スタイルです。ホテルや結婚式場内にあるチャペル、または実際に街中にある教会で式を執り行います。カトリックとプロテスタントで違いはありますが、プロテスタントタイプならキリスト教信者でなくとも教会式を挙げることができます。プロテスタントタイプの教会式での流れとしては、まずゲストが入場した後に新郎が入場し、エスコート役の人と新婦が入場します。全員揃ったところで賛美歌を歌い、牧師さんからの結婚にまつわる聖書の教えを聞き、神に祈りを捧げます。その後、誓いの言葉を交わし、指輪交換、結婚証明書にサイン、新郎新婦退場という流れになります。

教会式での魅力的な儀式や演出

教会式で行われる儀式や演出には、それぞれ意味があります。挙式の前に行われるベールダウンは、母親が新婦のベールを下ろすという儀式ですが、純潔な女性が悪魔にさらわれるという西洋の古い言い伝えから、ベールを下ろすことで邪悪なものから花嫁を守るという意味があります。また、ベールには壁という意味もあって、ベールアップという儀式では新郎がベールを上げることで、ふたりの間の壁を取り払い、新郎が新婦を守るという意味や幸せな家庭を築こうという決意を表しています。それから、挙式後にゲストが新郎新婦に花びらをシャワーのようにかけるフラワーシャワーは、花の香りによって辺りを清めることで悪魔や災難からふたりを守るという意味があります。